横浜市西区の口腔外科 鶴見歯科医院

口腔外科
診療案内 / 口腔外科
親知らずの抜歯、顎関節症の治療、外傷の治療など、顎口腔領域の外科処置を中心
とした疾病全般を扱います。
鶴見歯科(横浜市西区)では、口腔内の炎症や腫瘍はもちろん、口腔がん検診も実施
しております。さらに当医院は、手術室も完備していますので、インプラント時の外科的
手術を行うことができます。
口腔外科
口腔外科とは?
難抜歯、埋伏歯、顎の関節、口の中の出来物、怪我などを専門に治療する科をいいます。


親知らずについて
■親知らずを抜くとき
・虫歯が大きく痛みがあり、器具、歯ブラシが届かないとき
・腫れ、痛みを繰り返し以前よりも頻度が多く症状が強くなってきたとき
・頬粘膜と噛む原因(親知らずの歯肉が腫れた、位置が移動したなど)
・残すことで今後、噛み合わせ等に大きく影響を与えることが考えられるとき

■親知らずを抜かないとき
・他の歯と同様に歯肉が被ってなく真っ直ぐに萌えて機能しているとき
・将来、ブリッジや入れ歯に使えそうなとき
・全身疾患の状態が悪いとき
・骨の奥深くにあり、症状が無いとき

上記はおおむねの判断基準ですから実際にお口の中の状態を見て、またレントゲン(エックス線、CT)による診査を行うことが重要となります。


抜歯のリスクについて
下の親知らずは太い神経に近いため、抜歯による刺激で麻痺が出ることがあります。
またその中でもごくまれに一部知覚が鈍くなる知覚鈍麻が残ることがあります。
TMD(Temporo mandibler disorder):顎関節機能異常:顎関節症
頭蓋骨と下顎骨の関節の異常
■食事をしていると顎がだるい
■口を動かすとTMJに痛みがある
■噛みしめるとTMJが痛む
■TMJを押すと痛む
■口を開けるとカクカクと音が鳴る
■口が開かない、顎が外れたことがある

上記の項目がいずれか一つでも当てはまる方はTMDにかかっている可能性が高いと疑われます。

1) TMDの原因は
口を開いたときに側頭骨と下顎頭の間にできなくてはならないスペースがなくなり下顎頭が側顎骨にあたってしまい、つまり、噛み込みが深いことで起こると考えられます。

2) TMDによる弊害
集中力の低下、不良姿勢、頭部の痛み、自立神経失調症、便通の異常、耳鳴り、難聴、めまい、歯ぎしり etc

専門医にご相談ください。
Copyright (C) 2013 TSURUMI DENTAL CLINIC. All Rights Reserved