横浜市西区の予防歯科 鶴見歯科医院

予防歯科
診療案内 / 予防歯科
虫歯や歯周病になりやすさには個人差があるのであなたに合った予防プログラムを担当の
歯科医師・歯科衛生士がつくります。 虫歯や歯周病予防にはご自身による毎日のプラーク
コントロールと定期的に専門家が行う歯石の除去などのメインテナンスが必要です。

今後の為にも一度、受診してみてはいかがでしょうか?
予防歯科(歯周予防室について)
歯のメインテナンス(クリーニング)専門のお部屋なので、必要な材料・器具が豊富にそろっており、歯科衛生士が担当制の為、口腔内の状態をしっかり把握した上でそれぞれの患者様にあったクリーニングができます。
この様なメインテナンスとは、ただ単に歯をきれいにするのではなく、
歯垢を形成している細菌が作り出すバリアー=細菌(バイオフィルム)を破壊・除去することが目的であり、虫歯・歯周病・口臭の発生、再発の防止に繋がります。
歯周予防室は治療する診療室ではないので、機械等の嫌な音も無く安心して時間にゆとりのあるクリーニングができます。

歯周病について
虫歯は歯そのものの疾患であるのに対して、歯周病は歯の周りの組織の疾患です。
歯肉の軽度の出血や腫れを特徴とする歯肉炎と歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎の2つに分けられます。
歯肉炎:歯肉が軽度に腫れている状態
歯肉炎:歯肉が軽度に腫れている状態 ■治療法:
クリーニング
歯石除去
ブラッシング指導
   
中等度歯周炎:歯を支えている骨の吸収が中等度に進んでいる状態
中等度歯周炎:歯を支えている骨の吸収が中等度に進んでいる状態
■治療法:

歯と歯の間のクリーニング、歯石除去
咬みあわせの調整
歯周外科処置
   
進行した歯周病:歯を支えている骨の吸収が進行し、歯の動揺が大きい状態
進行した歯周病:歯を支えている骨の吸収が進行し、歯の動揺が大きい状態 ■治療法:
歯周外科処置
抜歯
PMTC(プロフェショナル メディカル トゥース クリニック)
ホームケアでは磨きにくい歯の汚れや細菌の巣(バイオフィルム)を専門的な機械を用いてきれいにするクリーニング。100%とはいきませんが多くの悪玉菌を除去することが出来PMTCは虫歯予防や歯周病の予防になります。

PMTCで得られる効果
■歯周疾患の改善 歯肉縁下のプラーク除去し歯肉炎の症状を改善する。
■齲蝕の予防 バイオフィルムを破壊しプラークの再付着を防ぐ。
■審美性の向上 ステインを除去し光沢のある歯の表面を回復。
■歯質の強化 フッ素を用いて再石灰化を促進します。

PMTCの手順
1) プラークの染め出し
完璧な歯磨きは難しく、どこかの磨き残しが出てきてしまいます。
染め出しをすることにより、自分で不得意な部分を確認することによって今後の歯磨きの参考になります。
   
2) 歯面研磨
微粒子の研磨ペーストを使用して歯の表面や根元の部分を専門ブラシやカットなどできれいに磨き上げ、
このとき歯ブラシで落とすことの出来ない着色などを除去します。
   
3) 歯と歯の間の清掃 研磨
歯と歯の間の汚れもフロスや様々な形のチップなどを用いて綺麗に汚れを除去します。
   
4) フッ素塗布
フッ素は酸に溶けた歯を修復し虫歯菌に働きかけます。そして細菌の働きを抑制し虫歯予防として歯を強くします。

メンテナンスの特徴
■歯石の除去 かたく付着した歯石は専用のチップを用いておとします。
■歯質の強化 磨き終わりキレイになったら歯の表面にフッ素を塗り、歯を強くします。
■虫歯予防 歯磨きで落としきれない虫歯の元になる塊を磨きおとします。
■お口さっぱり 歯石を取るような強い刺激ではなく終わった後にさっぱりとした爽快感が生まれます。
■歯の艷やかアップ 歯のざらつきなどツルツルに磨きあげます。
歯周病 Q & A
Q1   歯周病ってどんな病気?
A1 細菌が歯と歯肉の境目に入り込んで炎症を起こしている病気です。
Q2   歯周病の症状はどのようなものですか?
A2 歯周病は虫歯のように激痛があるわけではなく、ゆっくりと進行し、歯の周りの骨を吸収する病気です。
自覚症状としては、
・歯を磨くと歯肉から血が出る。
・口臭がある
・歯が重い感じがする
・冷たいもので歯がしみる
・歯がグラグラ動く感じがする
・歯が以前より長くなった気がする
  などのようなものがあります。
Q3   歯周病の対策はどうしたらよいのでしょうか?
A3 歯周病は口の中にいる最近の塊であるプラークと呼ばれているものが直接関わっています。
なので、プラークが溜まらないように正しい歯ブラシの方法を覚えるのが大切です。
そして、どうしても自分では磨きにくい部位があるので、定期的に歯医者さんに行き、専門的な口腔内の清掃を
行ってもらうのが良いでしょう。
そして早期発見、早期治療が大切になってきます。
Q4   歯周病が進行するとどうなるの?
A3 歯肉の炎症が進むと歯を支えている骨を溶かして歯がグラグラしていきます。また抜歯を伴うことも少なく
ありません。
Q5   歯周病は全身疾患や遺伝などは関係ありますか?
A5 歯周病の直接の原因は、細菌性のプラークですが、その背景に、全身の病気、遺伝、生活習慣などが関与
している事があります。
反対に歯周病から重篤な疾患を引き起こすこともあります。
Q6   タバコは歯周病と関係あるのでしょうか?
A6 喫煙をすることにより、歯のまわりの組織の免疫力を低下させ、歯周病にかかりやすくしたり、症状を
重たくしたりします。
なので、予防、治療には、禁煙、節煙が大切になります。
Q7   どうしてタバコが悪いのですか?
A7 タバコに含まれる科学物質が歯肉から出血を抑えたり、歯肉を硬くすることで症状に気づきにくくなって
しまう為です。また黄色く着色しやすく見た目は良くないのはもちろん口臭の原因になります。
Q8   プラークと歯石は違うのですか?
A8 プラークは細菌の塊である歯垢と呼ばれるものです。歯石はプラーク内の細菌や内容物がカルシウムや
リンなどを沈着させるようになり、プラーク自体が石灰化して硬くなっていったものです。
Q9   歯茎からの出血するのはなんで?
A9 磨き残しなど残っている汚れが原因で歯肉が炎症をおこしています。
Q10  歯石はどのくらいでとればいいの?
A10 歯石とは、プラークが歯周病菌をかかえたまま石灰化して固まったものです。
なので一度しっかりとって歯磨きができれば、歯石はついてくることはないですが完全に歯石をとることは
難しいので、出来れば3ヶ月〜半年くらいのペースで検診にいらしてみてはいかがですか?
Q11  歯周病の治療法は?
A11 ・ポケット内の清掃、レーザー治療
・ブラッシング指導
Q12  歯周病のかかりやすさに男女差はありますか?
A12 妊娠されている女性は、口腔内に分泌されるホルモンの影響で、歯肉炎を起こしやすくなっています。
また、閉経前後には歯肉の上皮が剥がれ落ちてしまうことによる歯肉炎が起こりやすくなると言われています。
Q13  口呼吸は悪いのですか?
A13 口の中が乾きやすくなり、プラークが溜まりやすくなります。また、唾液による自浄作用がなくなること
から口の中の細菌の活動性を高めるなどの悪影響があります。
Q14  歯周病は必ずかかる病気なのでしょうか?
A14 歯周病は必ずかかるわけではありません。歯周病の多くは原因であるプラークや歯石を日頃の歯磨きや、
定期的な歯科検診を受けることにより除去することで予防することができます。
予防できない歯周病もありますが、遺伝性の病気など、非常に特殊です。
Q15 歯周病の原因はプラークと聞きましたが、プラークって何ですか?
A15 プラークとは、歯に付着している白・または黄白色の粘着性の沈着物で、非常に多くの細菌とその産生物から構成されています。
またプラークはバイオフィルムとも呼ばれていて強固に歯に付着しているだけでなく、薬品だけでは除去
しにくい状態になっています。そのためにしっかりと歯ブラシ等で除去することが大切になってきます。
Q16  全身の病気と歯周病の関係について教えて下さい。
A16 歯肉は体の中でも非常に敏感な組織です。またお口の中は全身の中でも微生物、細菌などが最も多く存在
している場所でもあります。そしてあらゆる全身疾患と歯周病の関連性が近年の研究により指摘され始めて
います。歯周病との関連に挙げられているものには呼吸器系疾患・心疾患・糖尿病や妊娠などがありますが、なかでも糖尿病との関連は深く糖尿病は歯周病を悪化させる大きな原因のひとつでもあるのです。
Q17  他の歯周病が原因で歯周病になることがあるのでしょうか?
A17 あります。遺伝性の病気、血液の病気(白血病など)、皮膚の病気、降圧剤を含めた特定の薬によって歯肉
を含めた歯の周囲組織に症状がでることがあります。
またホルモンの分泌の増減、糖尿病、喫煙などによって歯周病が治癒しにくくなるといったことがあります。
Q18  歯周病が他の病気を引き起こすことがあるのでしょうか?
A18 重度の歯周病になり、口の中に歯周病を引き起こしている細菌が多くなると、血液や呼吸器内に入り込み、
心筋梗塞・動脈硬化症・肺炎・早産などを引き起こしやすくします。
Q19  虫歯ってうつるのはホントですか?
A19 生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯の原因菌を持っていません。
Copyright (C) 2013 TSURUMI DENTAL CLINIC. All Rights Reserved