患者様からの質問と答え(Q&A)

Q & A
Q & A
患者様より鶴見歯科医院(横浜市西区)にお問い合わせいただいた質問を
ご案内いたします。
Q1 インプラントの寿命はどれくらいですか? インプラント
Q2 手術が不安です・・・ インプラント 口腔外科
Q3 インプラントで材料は身体に入れても安全でしょうか?アレルギーの心配は? インプラント
Q4 インプラント手術で失敗することがありますか? インプラント 口腔外科
Q5 歯周病ってどんな病気? 一般歯科 予防歯科
Q6 歯周病の症状はどのようなものですか? 一般歯科 予防歯科
Q7 歯周病の対策はどうしたらよいのでしょうか? 一般歯科 予防歯科
Q8 歯周病が進行するとどうなるの? 一般歯科 予防歯科
Q9 歯周病は全身疾患や遺伝などは関係ありますか? 一般歯科 予防歯科
Q10 タバコは歯周病と関係あるのでしょうか? 一般歯科 予防歯科
Q11 どうしてタバコが悪いのですか? 一般歯科 予防歯科
Q12 プラークと歯石は違うのですか? 一般歯科 予防歯科
Q13 歯茎からの出血するのはなんで? 一般歯科 予防歯科
Q14 歯石はどのくらいでとればいいの? 一般歯科 予防歯科
Q15 歯周病の治療法は? 一般歯科 予防歯科
Q16 歯周病のかかりやすさに男女差はありますか? 一般歯科 予防歯科
Q17 口呼吸は悪いのですか? 一般歯科 予防歯科
Q18 歯周病は必ずかかる病気なのでしょうか? 一般歯科 予防歯科
Q19 歯周病の原因はプラークと聞きましたが、プラークって何ですか? 一般歯科 予防歯科
Q20 全身の病気と歯周病の関係について教えて下さい。 一般歯科 予防歯科
Q21 他の歯周病が原因で歯周病になることがあるのでしょうか? 一般歯科 予防歯科
Q22 歯周病が他の病気を引き起こすことがあるのでしょうか? 一般歯科 予防歯科
Q23 虫歯ってうつるのはホントですか? 一般歯科 予防歯科
Q24 どうして虫歯ができるのですか? 一般歯科 予防歯科
Q25 神経処置したのに、痛みがあるのはなぜですか? 一般歯科
Q26 歯が抜けたまま放置するとどうなりますか? 一般歯科
Q27 保険と自費ではどのように違うのですか? その他
Q28 治療した歯は、自費治療なら一生もちますか? 一般歯科
Q29 しみたり、痛んだりしていない歯を治療した後で、かえって痛みが出ることがあるのはなぜですか? 一般歯科
Q30 治療した歯が、再度虫歯になるのはなぜですか? 一般歯科
Q31 虫歯菌は、いつ赤ちゃんのお口にやってくるのですか? 小児歯科
Q32 歯を丈夫にする方法はあるのですか? 一般歯科 予防歯科
Q33 『フッ素』って薬でしょ、大丈夫ですか? 一般歯科 予防歯科
Q34 子供の歯は、大人の歯に生え替わるから、虫歯でもほっといていいのですか? 小児歯科
Q35 入れ歯でも楽しく食事はできますか? 有床義歯 技工について
Q36 何年か前に作った入れ歯が最近ゆるくなってきたようですが・・・ 有床義歯 技工について
Q37 上下の総入れ歯をいれています。上は安定していますが下の歯がうきあがり、思うように食事がとれません。
有床義歯
Q38 入れ歯とわからないような入れ歯をつくってほしいのですが。 有床義歯 技工について
Q39 現在入れ歯で悩んでおり、入れ歯専門の先生をさがしています。 有床義歯 技工について
Q40 歯科用CAD/CAMシステムとはどのようなものですか? インプラント 有床義歯 技工について
Q41 詰め物や被せ物の色を自分の歯の色に合わせることはできますか? インプラント 有床義歯 審美、矯正歯科
Q42 入れ歯はどれくらいでできますか? 有床義歯 技工について
Q43 詰め物、被せ物はどれくらいでできますか? インプラント 有床義歯 技工について
Q44 オールセラミックとは何ですか? インプラント
Q45 「インプラント」とはどんな治療法ですか? インプラント
Q46 インプラントは従来の方法とどのように違いますか? インプラント
Q47 インプラントはどんな人に適していますか? インプラント
Q48 インプラント手術時は、痛くないでしょうか?どれ程の時間がかかりますか? インプラント 口腔外科
Q49 インプラントにするとどのようなメリットがありますか? インプラント
Q50 何回も通院が必要ですか? インプラント
Q51 年齢その他で、インプラントができない場合がありますか? インプラント
Q52 インプラントを入れたら、歯科医院へ行かなくても良いでしょうか? インプラント
Q53 インプラントの治療後のお口のお手入れは特別な方法が必要ですか? インプラント
Q54 インプラント治療後に他の歯が悪くなった場合は、やり直さなければならないのですか? インプラント
Q55 インプラントの費用は? インプラント その他
Q1 インプラントの寿命はどれくらいですか?
A1 上顎か下顎か? インプラントを支える骨は十分に存在したか? 骨の移植をしたか?噛み合わせの状態は
悪くないか?などでインプラントをとりまく環境が変わりますので一概にはいえません。

全国統計によると
下顎は5年以上機能しているインプラントが97% 10年以上で90% 上顎はこれより少し下まわります。

インプラントを長く保たせるためには、プラークコントロールなど患者さん自身の口腔衛生管理が大切になります。必ず定期健診を受けてください。
Q2 手術が不安です・・・
A2 インプラント手術はそのほとんどが部分的な麻酔で安全に行われます。
腫れも痛みもコントロールできます。
多くの患者さんは抜歯した時より楽だったと言われます。
当院では、それでも不安な患者さんは大学病院の麻酔医と提携しており静脈内鎮静法を施行して手術をして
おります。
Q3 インプラントで材料は身体に入れても安全でしょうか?アレルギーの心配は?
A3
インプラントには、従来の入れ歯のようにアクリル系や
プラスチックの床(ピンク色の部分)、あるいは残存して
いる歯に引っ掛ける止め金が必要ないので、口の中が
スッキリとし、本来の自然な運動が甦ります。
また、製作された人工の歯もぴったりと固定されてます
から、固いものでも楽に食べられるようになります。

現在、当院で使用しているインプラント材料は厳重な品質検査と安全性が確認されている材料ですので心配ありません。
Q4 インプラント手術で失敗することがありますか?
A4 当院ではCT(コンピューター断層撮影)の撮影により、骨の状態を細かく調べ、毎週行われているインプラント会議にて議論して術前検査を十分に済ませてから手術に臨みます。
しかし予測できない原因でインプラントと骨が結合せずインプラントが動揺したり、痛みが生じる場合は速やかに再手術を検討します。

また、難易度の高い症例においては、インプラントの専門医と提携しており、常時連絡を取り合って、手術の依頼を行っております。
Q1   歯周病ってどんな病気?
A5 細菌が歯と歯肉の境目に入り込んで炎症を起こしている病気です。
Q6   歯周病の症状はどのようなものですか?
A6 歯周病は虫歯のように激痛があるわけではなく、ゆっくりと進行し、歯の周りの骨を吸収する病気です。
自覚症状としては、
・歯を磨くと歯肉から血が出る。
・口臭がある
・歯が重い感じがする
・冷たいもので歯がしみる
・歯がグラグラ動く感じがする
・歯が以前より長くなった気がする
などのようなものがあります。
Q7   歯周病の対策はどうしたらよいのでしょうか?
A7 歯周病は口の中にいる最近の塊であるプラークと呼ばれているものが直接関わっています。
なので、プラークが溜まらないように正しい歯ブラシの方法を覚えるのが大切です。
そして、どうしても自分では磨きにくい部位があるので、定期的に歯医者さんに行き、専門的な口腔内の清掃を
行ってもらうのが良いでしょう。
そして早期発見、早期治療が大切になってきます。
Q8   歯周病が進行するとどうなるの?
A3 歯肉の炎症が進むと歯を支えている骨を溶かして歯がグラグラしていきます。また抜歯を伴うことも少なく
ありません。
Q9   歯周病は全身疾患や遺伝などは関係ありますか?
A5 歯周病の直接の原因は、細菌性のプラークですが、その背景に、全身の病気、遺伝、生活習慣などが関与
している事があります。
反対に歯周病から重篤な疾患を引き起こすこともあります。
Q10   タバコは歯周病と関係あるのでしょうか?
A10 喫煙をすることにより、歯のまわりの組織の免疫力を低下させ、歯周病にかかりやすくしたり、症状を
重たくしたりします。
なので、予防、治療には、禁煙、節煙が大切になります。
Q11   どうしてタバコが悪いのですか?
A11 タバコに含まれる科学物質が歯肉から出血を抑えたり、歯肉を硬くすることで症状に気づきにくくなって
しまう為です。また黄色く着色しやすく見た目は良くないのはもちろん口臭の原因になります。
Q12   プラークと歯石は違うのですか?
A8 プラークは細菌の塊である歯垢と呼ばれるものです。歯石はプラーク内の細菌や内容物がカルシウムや
リンなどを沈着させるようになり、プラーク自体が石灰化して硬くなっていったものです。
Q13   歯茎からの出血するのはなんで?
A13 磨き残しなど残っている汚れが原因で歯肉が炎症をおこしています。
Q14  歯石はどのくらいでとればいいの?
A14 歯石とは、プラークが歯周病菌をかかえたまま石灰化して固まったものです。
なので一度しっかりとって歯磨きができれば、歯石はついてくることはないですが完全に歯石をとることは
難しいので、出来れば3ヶ月〜半年くらいのペースで検診にいらしてみてはいかがですか?
Q15  歯周病の治療法は?
A15 ・ポケット内の清掃、レーザー治療
・ブラッシング指導
Q16  歯周病のかかりやすさに男女差はありますか?
A16 妊娠されている女性は、口腔内に分泌されるホルモンの影響で、歯肉炎を起こしやすくなっています。
また、閉経前後には歯肉の上皮が剥がれ落ちてしまうことによる歯肉炎が起こりやすくなると言われています。
Q17  口呼吸は悪いのですか?
A17 口の中が乾きやすくなり、プラークが溜まりやすくなります。また、唾液による自浄作用がなくなること
から口の中の細菌の活動性を高めるなどの悪影響があります。
Q18  歯周病は必ずかかる病気なのでしょうか?
A18 歯周病は必ずかかるわけではありません。歯周病の多くは原因であるプラークや歯石を日頃の歯磨きや、
定期的な歯科検診を受けることにより除去することで予防することができます。
予防できない歯周病もありますが、遺伝性の病気など、非常に特殊です。
Q19 歯周病の原因はプラークと聞きましたが、プラークって何ですか?
A19 プラークとは、歯に付着している白・または黄白色の粘着性の沈着物で、非常に多くの細菌とその産生物から構成されています。
またプラークはバイオフィルムとも呼ばれていて強固に歯に付着しているだけでなく、薬品だけでは除去
しにくい状態になっています。そのためにしっかりと歯ブラシ等で除去することが大切になってきます。
Q20  全身の病気と歯周病の関係について教えて下さい。
A20 歯肉は体の中でも非常に敏感な組織です。またお口の中は全身の中でも微生物、細菌などが最も多く存在
している場所でもあります。そしてあらゆる全身疾患と歯周病の関連性が近年の研究により指摘され始めて
います。歯周病との関連に挙げられているものには呼吸器系疾患・心疾患・糖尿病や妊娠などがありますが、なかでも糖尿病との関連は深く糖尿病は歯周病を悪化させる大きな原因のひとつでもあるのです。
Q21  他の歯周病が原因で歯周病になることがあるのでしょうか?
A21 あります。遺伝性の病気、血液の病気(白血病など)、皮膚の病気、降圧剤を含めた特定の薬によって歯肉
を含めた歯の周囲組織に症状がでることがあります。
またホルモンの分泌の増減、糖尿病、喫煙などによって歯周病が治癒しにくくなるといったことがあります。
Q22  歯周病が他の病気を引き起こすことがあるのでしょうか?
A22 重度の歯周病になり、口の中に歯周病を引き起こしている細菌が多くなると、血液や呼吸器内に入り込み、
心筋梗塞・動脈硬化症・肺炎・早産などを引き起こしやすくします。
Q23  虫歯ってうつるのはホントですか?
A23 生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯の原因菌を持っていません。
Q24   どうして虫歯ができるのですか?
A24 だれの口の中にも虫歯が住んでいます。食べ物を食べると、この食べ物の中の糖分と結びつき、ネバネバしたものが歯につきます。
これにより表面に菌がたくさんつき、白いものが蓄積します。これがプラークです。
これにより、歯が溶け出し虫歯となるのです。
Q25   神経処置したのに、痛みがあるのはなぜですか?
A25 歯の根の中に神経がなくても、根の周りには神経があり、そこに炎症が起これば、痛むことがあります。
Q26   歯が抜けたまま放置するとどうなりますか?
A26 隣の歯や噛みあっていた歯が移動して、歯並びや、噛み合わせが悪くなります。
例えば、下の歯を抜けたままにすると、上の噛み合っていた歯が伸びてきてしまいます。
Q27   保険と自費ではどのように違うのですか?
A27 材料が変わってきます。保険治療では、最も基本的な材料が対象になります。
審美や機能の良い材料は、保険の対象外になります。料金については、ご相談下さい。
Q28   治療した歯は、自費治療なら一生もちますか?
A28 保険治療、自費治療にかかわらず、一生もつものは、ありません。歯は毎日使う道具ですから、磨り減ったり
壊れてしまって口の中の環境に合わなくなる時がきます。どんなに良い被せ物や詰め物を入れても、普段の
お手入れが悪かったり、定期的なメンテナンスを怠れば決して長持ちはしません。
Q29   しみたり、痛んだりしていない歯を治療した後で、かえって痛みが出ることがあるのはなぜですか?
A29 痛みがなく見た目が小さくても虫歯に感染した歯質が少なくないとは限りません。
虫歯に感染した歯質は完全に取り除かなければ虫歯の発生の原因になるので徹底的に除去します。
しかし、その量があまりに多く神経に近くなって痛みが出る可能性もあります。だからといって神経をとれば
枯れた木のようにもろくなり、歯そのものの寿命も短くなってしまいます。ですから、痛みが出る可能性が
あっても神経を残せるかどうか様子を見せていただく事があります。
Q30   治療した歯が、再度虫歯になるのはなぜですか?
A30 被せ物や詰め物の歯との境目の隙間が大きくなったり、噛み合わせの部分が磨り減って穴があいてしまったり、歯が欠けてしまったりした場所。このような所から虫歯になる場合。
歯周病で歯肉が下がって被せ物の境目が露出することによって自分の歯の部分が歯ブラシで磨り減ったりし虫歯になる場合。接着剤が唾液に溶けたり、噛む力で崩壊したりして隙間ができ、そこから虫歯菌に感染してしまう場合、など様々な要因が考えられます。
Q31   虫歯菌は、いつ赤ちゃんのお口にやってくるのですか?
A31 虫歯菌は、固いところにしか住めないので、生まれたばかりの歯がない赤ちゃんのお口にはいません。
小さな子供に、ごはんを食べさせるママ。
味見したり、温度を確かめたり、親子で1つのスプーンを使って食事をあげていませんか?こうしてママのだ液に混じった虫歯菌が、かわいい子供へとうつってしまうんです。これを『母子感染』といいます。

★赤ちゃんのお口を守るために、ワタシが今日からできること。
何より大切なのは、赤ちゃんが生まれる前からのママの心がけです。悪いところをしっかり治しましょう。
その後も定期的にチェックを受け、いつもキレイなお口でいることが、かわいい赤ちゃんのためです。
Q32   歯を丈夫にする方法はあるのですか?
A32 歯の表面に『フッ素』が取り込まれることで、歯は強くなります。
Q33  『フッ素』って薬でしょ、大丈夫ですか?
A33 フッ素は、緑茶、ワカメ、イワシ、リンゴなどの食品にも含まれています。食品からとるだけでは不十分です。
歯医者さんが診断に基づいて処方しているので安全です。世界100ヶ国以上がフッ素を利用して虫歯予防の
成果をあげています。
Q34  子供の歯は、大人の歯に生え替わるから、虫歯でもほっといていいのですか?
A34 子供の歯のすぐ下に、大人の歯が生えてくる準備をしています。子供の歯が大きな虫歯になると、大人の歯に影響することがあります。特に4歳5歳という年齢は健康を守る上で大切な年齢です。乳歯から永久歯へと生え替わる時期であり、また、虫歯が増え始める時期だからです。
この時期の乳歯には、『物を噛む』ほかに次に生えてくる永久歯の場所を確保するという大切な役目があります。
このため4、5歳児期の虫歯を防ぐことは、生涯にわたる歯の健康維持にとって、とっても大切なことです。
Q35   入れ歯でも楽しく食事はできますか?
A35 もちろんできます。初めて入れ歯を入れられる方や現在お口の中の入れ歯でお悩みの方にも、それぞれの
お悩みにあわせて解決策を導きます。
Q36   何年か前に作った入れ歯が最近ゆるくなってきたようですが・・・
A36 入れ歯を新製することもできますが、当院では実際に入れ歯を作る歯科技工士が常勤しておりますので、入れ歯の修理などもケースによっては即時に行うことができます。
Q37   上下の総入れ歯をいれています。上は安定していますが下の歯がうきあがり、思うように食事がとれません。
A37 ケースにもよりますが、上の入れ歯よりは下の歯の方が安定をはかるのが難しいのは事実です。
噛み合せの改善や入れ歯の形を変えることで、入れ歯の安定の改善をはかることができると思います。
ご相談ください。
Q38   入れ歯とわからないような入れ歯をつくってほしいのですが。
A38 部分入れ歯においては入れ歯を支えるバネの形や、総入れ歯においては歯並びや歯茎の形などが大きく見た目に影響します。当院では、皆さんにご満足いただくためになるべくバネが見えないような部分入れ歯の設計を心がけております。
また、バネを使わない入れ歯などもございますので、ご相談ください。
歯並びにおいては入れ歯を新しく作る前に試し入れを行い、患者様に確認していただいております。その時点でご納得いただけない場合は再度、歯を並べ替えて、ご満足いただける入れ歯をご提供させていただいております。
Q39   現在入れ歯で悩んでおり、入れ歯専門の先生をさがしています。
A39 当院には学会が認定している入れ歯の専門医がおります。
ご相談ください。
Q40   歯科用CAD/CAMシステムとはどのようなものですか?
A40 コンピュータにより歯科の詰め物や被せ物の制作を自動的に行うシステムです。このシステムを用いることによって、より正確により高度なものを効率良く制作できます。
Q41   詰め物や被せ物の色を自分の歯の色に合わせることはできますか?
A41 歯科技工士が直接患者様のお口の中を拝見致します。
直接拝見することでより患者様に合った自然な色を一緒に相談して決めることができます。
Q42   入れ歯はどれくらいでできますか?
A42 歯の本数やケースにもよりますが、だいたい7日前後でできます。
Q43   詰め物、被せ物はどれくらいでできますか?
A43 本数、ケースにもよりますが1〜7日でできます。
早ければその日のうちにできることもあります。
Q44   オールセラミックとは何ですか?
A44 すべてセラミックでできていて金属を使用しないので、光の透明性が高く天然歯のように自然なものができます。
歯科技工士によって丹念にあなたの歯に合った色や形に作り上げていくので2つとないあなただけのオーダーメイドになります。
Q45 「インプラント」とはどんな治療法ですか?
A45
「インプラント」とは、歯の抜けた所に、人工の歯根を植え、
しっかりと顎(あご)の骨と固定した後、その上に人工の歯
を製作し装着する方法です。
天然歯と同様の、健全な咀嚼運動(噛み砕き、飲み込む
運動)ができるようになります。
Q46 インプラントは従来の方法とどのように違いますか?
A46
インプラントには、従来の入れ歯のようにアクリル系や
プラスチックの床(ピンク色の部分)、あるいは残存して
いる歯に引っ掛ける止め金が必要ないので、口の中が
スッキリとし、本来の自然な運動が甦ります。
また、製作された人工の歯もぴったりと固定されてます
から、固いものでも楽に食べられるようになります。
Q47 インプラントはどんな人に適していますか?
A47
1)取り外しの入れ歯が嫌いな人、または仕事その他の
事情で不都合な人。
2)歯が抜けた所を治療するために残っている歯を削られ
たくない人。
3)入れ歯で、発音や発声に不便を感じている人。
4)総入れ歯が合わず生活にも支障をきたし、不快感を
抱いている人。
5)歯周疾患などでたくさんの歯がなくなり、入れ歯を装着
すると残っている歯に悪影響を及ぼすと考えられる人。
Q48 インプラント手術で失敗することがありますか?
A48 インプラントを顎(あご)の骨に植える手術は、麻酔をして行いますから、痛みは心配ありません。
インプラントの手術は、綿密な計画の下に行なわれますので、手術時間の概要については事前の
診査診断により決定されます。
インプラントを植立する場所、本数、その他の要因により手術時間が異なりますので詳しくは
先生にご相談ください。
●但し、年齢、口腔状態などによっても、個人差がありますので、先生の説明をよく聞いてください。
Q49 インプラント手術で失敗することがありますか?
A49 メリット1
歯が1本抜けている場合、従来の治療法では両側の歯を削りブリッジという方法が取られていました。
しかし、インプラントなら抜けた部分のみにインプラントを行うことができるので、他の歯を削る必要は
ありません。

メリット2
たくさんの歯が抜けている場合、従来のブリッジなら残っている歯だけで、かむ力を支えなければ
なりません。このかむ力はとても大きなものです。インプラントにすると、本来の歯数のバランスが
とれますので、咬合圧(かむ力)による負担が少なくなります。

メリット3
奥歯が抜けている場合、従来の方法では、取りはずしする入れ歯でしたが、インプラントにすると、
取りはずさないですむブリッジが入れられますから、しっかりと固定され、安心して食事ができます。
Q50 何回も通院が必要ですか?
A50 インプラントを顎(あご)の骨に植え込む1次手術と、インプラントが顎(あご)の骨と生着した後に
インプラント用の人工歯を取り付ける支台を装着する2次手術、そして歯列の型を採る印象採得、
その模型を用いて製作したインプラント用人工歯の装着、その他などで最低でも6〜8回の通院
が必要です。
また、1次手術から最終人工歯の装着までの期間は、年齢、口腔状態により個人差(約4ヶ月〜
1年半位)がありますので、先生の説明をよく聞いてください。
Q51 年齢その他で、インプラントができない場合がありますか?
A51 インプラントは、体調に問題がなければ、若い人から高齢の方まで治療を受けることができます。
高齢で顎(あご)の骨の少ない方は、特別の方法でインプラントをすることもできますので、担当
の先生にご相談ください。
Q52 インプラントを入れたら、歯科医院へ行かなくても良いでしょうか?
A52 人間の体は年齢とともに変化してゆきますから、インプラントも定期的に調整する必要があります。
定期健診で適切な処置をしておくことが、インプラント寿命を延ばすことにつながります。
Q53 インプラントの治療後のお口のお手入れは特別な方法が必要ですか?
A53
天然の歯とインプラントの形態は同じではありません。
そこで歯ブラシだけでなく、インプラントの形態に合わ
せた補助清掃器具を使用する必要があります。
先生や歯科衛生士から教えられた清掃方法で、毎日必ず
お口の中を清掃して下さい。
Q54 インプラント治療後に他の歯が悪くなった場合は、やり直さなければならないのですか?
A54 たとえ周りの歯が悪くなって抜けてしまっても、その部分に新しくインプラントを植立し、上部に装着
する人工の歯を追加することで、再び本来の機能や美しさを回復できます。

Q55 インプラントの費用は?
A55 インプラントの治療費は、手術料とインプラントの材料費、インプラントに装着する
入れ歯の費用の合計です。担当の先生の説明をよく聞いた上で、お支払方法も含めよくご相談下さい。
*健康保険は使えませんが、医療費控除の対象となります。
●インプラントについて詳しくお知りになりたい方はお申し出下さい。
Copyright (C) 2013 TSURUMI DENTAL CLINIC. All Rights Reserved